AMP計測イメージ
AMP計測イメージ

AMP Client ID API を設定してユーザーがオリジナルページとAMPページを跨いでアクセスしても同一ユーザーと認識させよう!

Webサイトを運営している方の多くは Google Analytics でアクセス解析をされていると思います。しかし、AMPページがあると、同じユーザーがオリジナルページとAMPページを跨いでアクセスした場合に別のユーザーとして認識してしまうという問題がありました。
Aさんがサイトにアクセスした時、最初にAMPページを開いてその後、リンクをだどってオリジナルページを開いてしまうと、Aさんしかアクセスしていないのに、2ユーザーが訪問したと解析されてしまいます。これでは、AMPページを作ってしまうと、正確なアクセス解析ができない…

ということで、AMP Client ID API を設定してオリジナルページとAMPページを跨いでも同じユーザーとして認識してもらえるようにします。

AMP Pluginでページの作成

当サイトでは、AMPページの作成は以下のプラグインを使用しました。

AMPページのGoogle Analytics ID 設定

プラグイン AMP for WP – Accelerated Mobile Pages の [Settings] → [Analytics] でGoogle Analytics ID を設定できますので、設定しておいてください。
①Google Analyticsを有効化
②Google Analytics IDを指定する。

Google Analytics ID 設定

AMPページで下記metaタグを<head>内に記載します。上記の AMP for WP – Accelerated Mobile Pages でGoogle Analytics ID を設定すれば、以下のタグはAMPページに自動で追加されます。

<meta name="amp-google-client-id-api" content="googleanalytics">

analytics.jsを使用している場合

Google Analyticsのトラッキングコードを直接記載している場合は、トラッキングコードに{'useAmpClientId': true} を追加します。

修正前のトラッキングコード

ga('create', 'UA-XXXXX-Y', 'auto')

修正後のトラッキングコード

ga('create', 'UA-XXXXX-Y', 'auto', {'useAmpClientId': true});

上記の様に修正すれば、完了です。

Google タグマネージャーを使用している場合

タグマネージャーを使用している場合は、少し設定が必要です。まず、タグマネージャーにアクセスして、[タグ]をクリックしてください。

タグマネージャーダッシュボード

タグを開くと、これまで作成したタグの一覧が表示されますので、Google Analyticsのタグを開いてください。自分は「JunJunWeb.Netアナリティクス」と名前を付けていたのでそのタグを開きます。

タグの一覧

タグの設定画面が開きますので、右上のペンのようなアイコンをクリックしてください。

タグの設定

タグの設定画面を開いたら、①このタグでオーバーライド設定を有効にするにチェックを入れ、②詳細設定を開きます。③ [ +フィールド ] ボタンをクリックしてください。

フィールド追加

[ +フィールド ]ボタンをクリックしたら、下図①部分のフィールド名にuseAmpClientIdと入力し、値にtrueを入力します。入力が完了したら、②保存をクリックしてください。

フィールド入力後

タグマネージャー設定のプレビュー

フィールドを設定したら、うまく動作するか、プレビューを行います。タグマネージャーのダッシュボード右上に [プレビュー] ボタンがありますので、クリックしてください。

プレビューボタン

プレビューボタンをクリックすると下図のようなオレンジの表示がでますので、この状態のまま、ブラウザの別タブなどで、該当Webサイトを表示してください。

プレビュー稼働中

該当Webサイトにアクセスすると、サイトの下部に、[ Tags Fired On This Page ] と表示され、その中に、Analyticsのタグがあるか確認をします。[ Tags Fired On This Page ] 内に表示されれば、設定は成功です。[ Tags Not Fired On This Page ] に表示された場合は失敗ですので、もう一度設定を確認してみてください。

タグマネージャープレビュー中

タグ設定の公開

プレビューまで成功して、これで完了かと思いきやまだ完了ではありません。設定の公開が必要です。まず、プレビューモードを終了してください。

プレビューモード終了

プレビューモードを終了したら、[ プレビュー ] ボタンの右横にある [ 公開 ] ボタンをクリックしてください。

公開ボタン

公開ボタンをクリックすると、送信設定画面が表示されます。①バージョン名を自分が管理しやすい名前を任意で入力し、②バージョンの説明も入力してください。
③入力が完了したら、[ 公開 ] ボタンをクリックしてください。これでタグマネージャーの設定は完了です。

変更の送信

まとめ

オリジナルページとAMPページのアクセスが分離しなくなるので、正確なアクセス解析をするには重要な設定でしょう。タグマネージャーの場合少し設定が面倒ですが、一度設定してしまえば、あとはどんどん解析してくれるので、AMPを使っているサイトは設定しておいたほうがよろしいかと思います。


JunJunWeb.Netの新着情報を受け取るには
SNSアカウントをフォローすると便利!
タグ :  ,