最終更新日からしばらくたった記事
最終更新日からしばらくたった記事

WordPressで最終更新日からしばらく更新が無い記事にメッセージを表示する方法

WordPressで記事を公開後、ある程度時間が経過した記事に「この記事は昔に公開されたもので情報が古いかも」的なメッセージを表示する方法などが、ネット上によく紹介されています。以前はこれらの記事を参考にメッセージを表示させていたのですが、ふと疑問に思いました…
公開時期が古くても、記事に手直しを加え最新の情報を保っている記事なら、「情報が古いかも」的なメッセージは必要ないんじゃないんかと!

とういことで、最終更新日からある程度時間が経過した記事に、「情報が古いかも」的なメッセージを表示するような仕様でコードを作ってみました。このコードをメッセージの表示したい箇所にコピペしてください。

<?php
        $time_modified_as_old = 60*60*24*365; // 1年経過後表示する場合は365
        if((date('U') - get_post_modified_time('U')) > $time_modified_as_old) {
        echo '<div  class="notice">ご注意!この記事は最終更新日から'.human_time_diff( get_post_modified_time('U'), current_time('timestamp')) . 'ほど'.'経過しており現在は情報が変わっている可能性があります。</div>';
        }
?>

上記のコードでは、最終更新日から1年後にメッセージを表示するようにしています。2行目の365を任意の日数に変更することができます。
日本語のメッセージはサイトの運用に合わせて変更していただいて構いません。
.human_time_diff( get_post_modified_time('U'), current_time('timestamp')).の部分で最終更新日から相対的な経過時間を取得します。

classを指定していますので、サイトに合わせてデザインをカスタマイズもできます。下にサンプルを掲載しておきますので、カスタマイズしてお使いください。

メッセージのCSSデザイン

メッセージのデザイン例

.notice {
    margin: 1em 0;
    padding: 8px;
    width: 100%;
    border: 1px solid #ffd3d3;
    border-radius: 2px;
    color: #ff9393;
    text-align: center;
    font-size: 1.3rem;
    line-height: 1.4em;
}

JunJunWeb.Netの新着情報を受け取るには
SNSアカウントをフォローすると便利!