Change Last Modified Date
Change Last Modified Date

WordPressの記事最終更新日をカスタマイズできるプラグイン「Change Last Modified Date」

WordPressの記事を管理していると、ちょっとした誤字脱字などを修正することがあるかと思います。ちょっとした修正だけなのに最終更新日が更新されてもいいのかな?と思っていました。そんな問題を解決できるプラグインが「Change Last Modified Date」です。このプラグインは記事更新時に最終更新日を更新するかしないかの選択ができ、さらに最終更新日の修正もできるプラグインです。

プラグインのインストールと有効化

下記リンクページはJetpackをインストールし有効化するまでの手順を記載したページです。
「Jetpack」を「Change Last Modified Date」と置き換えてプラグインのインストールをしてください。

Change Last Modified Dateの使い方

「Change Last Modified Date」を使う時は、記事編集画面か固定ページ編集画面で使用します。各編集画面を開くと「公開」ウィジェットに「Modified on」の項目が追加されているかと思いますので、「Edit」のテキストリンクをクリックしてください。

「Will be updated to current date and time」と表示されている場合は記事を更新すると最終更新日が現在の時刻に更新される状態ということです。(注:青字で表記されていますがリンクではありません。)

Change Last Modified Date Edit

最終更新日を更新せずに記事を更新

「Edit」を開くと、下図のような設定項目がアコーディオンのような形で開きます。「Don’t update for this post」にチェックを入れて記事を更新すると、最終更新日を更新せずに記事を更新することができます。「OK」をクリックすると設定画面が閉じます。

Don't update for this post

最終更新日を任意の日付に編集

最終更新日を編集する場合は①部分の日付設定のフォームで、任意の日付に設定し記事を②の更新ボタンをクリックすると、最終更新日が更新されます。

最終更新日の編集

まとめ

簡単な設定で最終更新日を管理することができます。もし、ちょっとした誤字脱字などの修正のたびに最終更新日が更新されるのに疑問を感じられている方がおられましたらこの「Change Last Modified Date」を使ってみるのも良いかもしれませんね


JunJunWeb.Netの新着情報を受け取るには
SNSアカウントをフォローすると便利