WordPressのデータベース最適化を行いサイト高速化へ! Optimize Database after Deleting Revisions!
WordPressのデータベース最適化を行いサイト高速化へ! Optimize Database after Deleting Revisions!

WordPressのデータベース最適化を行いサイト高速化へ! Optimize Database after Deleting Revisions!

データベースの最適化とリビジョンの削除管理を行うWordPressプラグイン Optimize Database after Deleting Revisionsの紹介です。

プラグインのインストール

プラグインのインストール方法につきましては下記ページを参照してください。

Optimize Database after Deleting Revisionsの設定

管理画面の左メニューの [ツール] → [Optimize Database] からOptimize Database after Deleting Revisionsの設定画面を開きます。[Change Settings] ボタンをクリックして設定画面を開きます。

設定画面

リビジョン設定画面

設定画面を開くと、下図のようなページが開きますので、必要項目にチェックを入れて行きます。

設定画面①

Delete revisions for the following (custom) post type(s)
[post] や [page]やその他のページのリビジョンを削除するか設定します。

Delete revisions older than
この項目に指定した日数より古いリビジョンを削除します。

Maximum number of – most recent – revisions to keep per post / page
この項目に指定したリビジョン数を保持し、古いリビジョンは削除します。

データベース最適化設定画面

データベースの最適化に関する設定画面になります。前のリビジョン設定画面の下部にあります。

DB設定画面

Delete trashed items
ゴミ箱の中にあるデータを削除します。自分はチェックを入れています。

Delete spammed items
スパム項目を削除します。自分はチェックを入れています。

Delete unused tags
使用していないタグを削除します。自分はチェックを入れています。

Delete transients
トランジェントを削除します。自分は [DELETE EXPIRED TRANSIENTS] に設定しています。

Delete pingbacks and trackbacks
ピンバックとトラックバックを削除します。自分はチェックを入れてません。

Optimize InnoDB tables too
InnoDB タイプのテーブル」も最適化するかの設定。自分はチェックを入れています。

Keep a log
ログを保存するか。自分はチェックを入れています。

Scheduler
最適化作業をどのくらいのスケジュールでするか。自分は1ヶ月ごとの[run optimization MONTHLY] に設定しています。

Time
最適化作業を何時に行うかの設定。運用スタイルによって指定してください。

Show ‘1-click’ link in Admin Bar
チェックをすると、上部のメニューバーに1クリックで最適化ができるボタンを表示します。使用するかはお好みで。

1-click link

Show an icon in the Admin Menu
チェックをすると、左のメニューバーにこのプラグインの設定画面に移動できるボタンを設置します。使用するかはお好みで。

Optimize Databaseボタン

最適化しないテーブルの設定

チェックを入れることで、最適化しないテーブルを指定します。あまり使うことはありませんが…

最適化しないテーブルの設定

データベースの最適化

※データベースを最適化する際には、必ず事前にバックアップをとっておいてください。

データベースを手動で最適化する場合は、[Optimize Databace]から、プラグインの管理画面に行き、[Start Optimization] ボタンをクリックします。

Start Optimization

[Start Optimization] をするとデータベースの最適化作業がスタートします。しばらくお待ちください。最適化作業が完了すると、下図のような画面になります。

DB最適化完了画面

下の方にスクロールしていくと、データベースが最適化され、容量が減ったかを確認できます。

DB容量確認

場合によっては、かなりの容量が最適化されて減る場合があります。

ログの確認

※設定画面で [Keep a log] にチェックを入れている必要があります。
データベース最適化作業のログを確認することができます。[View Log File] ボタンをクリックしてください。ログ情報が確認できます。

ログを見る

まとめ

データベースを放置していると、オーバーヘッドやリビジョンが溜まっていき、Webサイトのパフォーマンスに悪影響が出て来る場合があります。そんな時の対策として、このプラグインを使い、定期的にデータベースのメンテナンスをすれば、Webサイトの高パフォーマンスを維持できますね。当サイトもこのプラグインでデータベースの最適化をした後くらいから、少し高速化された感じがします。

以上、Optimize Database after Deleting Revisionsの紹介でした。


タグ :