UpdraftPlusでバックアップの保存先をGoogle Driveに設定する手順
UpdraftPlusでバックアップの保存先をGoogle Driveに設定する手順

UpdraftPlusでバックアップの保存先をGoogle Driveに設定する手順

WordPressで便利なバックアッププラグインのUpdraftPlusを使用していたのですが、保存先をDropboxにしていると、容量が圧迫されてきたので、Google Driveに変更することにしました。
今回は、Google Driveへの保存先選択方法のみを記載します。UpdraftPlusの設定方法につきましては、下記のリンクを参照してください。

Google Driveへの保存先変更設定

UpdraftPlusがすでにインストールされているものとします。
まず、WordPress管理画面の上部メニューバーの ”UpdraftPlus” から、”設定”を選択します。

updraftplusのメニュー

UpdraftPlusの設定画面より、保存先の選択の部分までスクロールし ”Google Drive” を選択してください。下図のような画面になります。

保存先を選択

この画面になったら”あなたのGoogle APIコンソールには、このリンクをたどって、そのドライブのAPIを有効にし、APIアクセスセクションのクライアントIDを作成します”のリンクをクリックしてください。API Managerのページが開きます。

英語版のhelpページは下のリンクを参照してください。

Google Drive APIの有効化

API Manager のページを開いてGoogle Drive APIを有効化します。API Managerのページを開いたら、下図の矢印部分をクリックします。

API Manager ダッシュボード

下図のような小ウインドウが表示されるので、”+” をクリックして新規プロジェクトを作成してください。(他にプロジェクトを作成している場合、ぼかし部分のようにリスト表示されます。)

新規プロジェクト作成

新しいプロジェクトに名前をつけます。自分が管理しやすい名前をつければ大丈夫です。

新しいプロジェクト

プロジェクトに名前をつけ、作成をしたら、認証情報を作成する画面が表示されます。”認証情報を作成” から ”OAuth クライアント ID” を選択してください。

OAuth クライアント ID

下図のような注意書きが表示されるので、”同意画面を設定” をクリックします。

同意画面を設定

同意画面を設定をクリックすると下図のような画面が表示されます。メールアドレスを選択し、ユーザーに表示するサービス名を入力します。ここでは「UpdraftPlus」と入力しましたが、任意のものでかまいません。

認証情報

次にクライアントIDの作成をします。

  • アプリケーションの種類→ウェブ アプリケーションを選択
  • 名前→自分が分かりやすい任意の名前
  • 承認済みの JavaScript 生成元 → 自分のサイトのURL(最後スラッシュなし)

上記の順番で設定していきます。

クライアントID作成

最後に ”承認済みのリダイレクト URI” の部分はUpdreftPlusの設定画面に戻り、下図赤枠部分のURLをコピーして先程の ”承認済みのリダイレクト URI” 部分に貼り付けてください。
全てを入力し終わったら、作成ボタンをクリックしてください。

リダイレクトURI

OAuth クライアントいう小ウインドウが表示されるので、クライアント ID、クライアント シークレットそれぞれをコピーしておきます

OAuthクライアント

上記の設定をしたらAPI Managerダッシュボードに戻り、”+APIを有効にする” をクリックしてください。

+APIを有効にする

ライブラリページが開くので、検索窓に ”Google Drive” と入力してください。下図のように ”Google Drive API” が表示されますのでそこをクリックしてください。

API Manager ライブラリ

下図のような画面が表示さされるので、”有効にする”をクリックします。

APIの有効化

Unreviewed Apps のグループに参加

上記の設定をしたら最後にUnreviewed Apps のグループに参加する必要があるようです。 ‘Allow Risky Access Permissions By Unreviewed Apps’ Google groupよりグループアクセスしグループに参加してください。

グループに参加

UpdraftPlusでの設定

UpdraftPlusの設定に入ります。”Google Drive クライアント ID” と ”Google Drive クライアントシークレット”に先程コピーした ”クライアント ID” と ” クライアントシークレット” を入力します。

クライアント ID クライアントシークレット

入力したら、一旦設定を保存します。
保存をすると下図のようなウインドウが表示されるので、リンク部分をクリックしてください。

Remote storage authentication

Googleアカウントの選択画面が表示されるので、使用するアカウント(APIを作成した)を選択してください。

アカウントの選択

アカウントを選択すると、アクセスを許可するかの確認画面が表示されるので、よろしければ許可をしてください。

アクセスの許可確認画面

認証が終わり、UpdraftPlus設定画面に戻りうまく認証が出きていると、下図のように”あなたはすでに認証されるようです” と表示されます。(翻訳あやしい…)

あなたはすでに認証されるようです

UpdraftPlus設定はこれで終了です。

Google Driveへのバックアップテスト

設定が完了したら、バックアップのテストです。WordPress管理画面の上部メニューバーの ”UpdraftPlus” から、”現在の状態/今すぐバックアップ”を選択します。

下図のような画面を開いたら、”今すぐバックアップ” をクリックしてください。

今すぐバックアップ

バックアップがスタートします。しばらくお待ちください。設定がうまくいっていれば、バックアップが完了します。エラーがでなければ、”バックアップ済み”のところにバックアップされたデータの一覧が表示されます。

バックアップ中

まとめ

以前使っていたdropboxは設定は簡単なのですが、容量が少なく、サイトの規模によってはすぐに容量不足に陥ってしまうことがあります。そんな時、少し設定が面倒ですが、Google Driveを使えば容量がある程度あるので、安心してバックアップデータを保存することができますね。


タグ :  ,