Keepass
Keepass

「KeePass Password Safe」をバージョンアップしたら日本語化されなくなった時の対処法

先日、パスワード管理ソフトKeePass Password Safeを最新バージョンの2.38にアップデートしたところ、それまでメニュー項目などが、英語表記になってしまいました。これまで、日本語化して使っていましたが、突然英語表記になり英語が苦手な自分は少々戸惑いました。まぁ、長く愛用しているので、英語表記でもなんとなく分かるのですが、「やっぱり日本語表記にしたい」ということでKeePass Password Safeを再度日本語化できるように調査してみました。

KeePass Password Safeの英語表記画面

KeePass Password Safeバージョン2.38にアップデートした直後の画面です。メニュー項目が英語表記になっています。難しい英語ではないので、このままでも使えそうですが、日本語化してみたいので、KeePass Password Safeをインストールしているフォルダを開いてみます。

KeePass画面

KeePass Password Safeインストール先のフォルダ

KeePass Password Safeを普通にインストールしていれば以下の場所にインストールされているはずです。変更している場合は変更した箇所を開いてください。

  • C:\Program Files\KeePass Password Safe 2
  • C:\Program Files (x86)\KeePass Password Safe 2

フォルダを開くとKeePass Password Safeの構成ファイル(下図参照)が開かれると思いますが、その中に、前バージョンまで無かった、Languagesというフォルダが追加されています。これまで、KeePass Password Safeの翻訳ファイルは[KeePass Password Safe 2]フォルダの直下に置いていましたが、今回からこのLanguagesフォルダに変更になったようです。このLanguagesフォルダの中に翻訳ファイル(Japanese.lngx)を保存します。
Japanese.lngxが無い場合はKeePass TranslationsサイトのJapaneseのところからダウンロードしてください。

KeePassインストールフォルダ

KeePass Password Safeの言語切替

KeePass Password Safeは、翻訳ファイルを設置しただけでは、言語が切り替わりません。設定が必要になります。
[View] → [Change Language]をクリックしてください。

KeePass Change Language

[Change Language]をクリックすると、以下のウインドウが開きますので[Japanese(日本語)]を選択してください。

Japanese(日本語)

選択後、KeePass Password Safeの再起動をしますかの確認が入るのでKeePass Password Safeを再起動してください。
再起動が完了すると、KeePass Password Safeの日本語化が完了してします。

再起動確認

日本語化されたKeePass Password Safe

日本語化されると、メニュー項目が下図のように、日本語化されます。日本人には見やすくなりましたね。

日本語化されたKeePass

日本語化されたKeePass Password Safe

まとめ

翻訳ファイルの保存箇所が変わっただけでしたので、対処は簡単でした。わざわざ日本語化するほどの英語表現が無いようにも思えますが、無事日本語化できたので、良かったのかなと思います。もし、誰かの参考になれば幸いです。


JunJunWeb.Netの新着情報を受け取るには
SNSアカウントをフォローすると便利