URL Setting Error
URL Setting Error

WordPressのサイトアドレス(URL)を間違えて設定してしまった場合、簡単に対処する方法

WordPressアドレス、サイトアドレスの設定は、通常WordPressサイトを構築する時に、設定してしまえばその後、変更することは少ないでしょうが、なんかしらの原因でアドレスを間違えて保存してしまった場合、管理画面のログインできなくなってしまいます。そんな時、簡単に応急処置できる方法をご紹介します。

アドレス(URL)の設定方法

WordPressの管理画面から「設定」→「一般」で「一般設定」ページを開くと、「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」の項目があります。ここのアドレス設定を間違えて設定してしまった場合は次のような対処法があります。

  • 「WordPressアドレス(URL)」はWordPressをインストールした場所のアドレスです。
  • 「サイトアドレス(URL)」は閲覧者がサイトにアクセスする為のアドレスです。

URL設定

wp-config.phpを編集して対処

設定ファイルwp-config.phpにアドレスを指定するコードを追加して対処する方法です。
まず、FTPソフトなどでwp-config.phpをダウンロードしてきます。wp-config.phpは、通常WordPressをインストールしたディレクトリの直下にあります。

wp-config.phpファイルを開いて下の方に移動すると、下図の赤枠部分のような箇所があります。その赤枠部分あたりに、アドレスを指定するコードを追加します。

wp-config.php

追加するコード

追加するコードは以下のとおりです。当サイトでしたらhttps://junjun-web.netになります。
※URL部分は必ず自分のサイトのURLに置き換えてからご使用ください。

/* WordPressアドレスの指定*/
define('WP_HOME','https://junjun-web.net');
/* サイトアドレスの指定*/
define('WP_SITEURL','https://junjun-web.net');

wp-config.phpをアップロードする

コードを追加したら、wp-config.phpをFTP等を使って元あった場所にアップロードします。通常はWordPressをインストールしたディレクトリの直下になります。これで、間違いがなければWordPress管理画面に無事ログインできるようになります。

注意点

この設定を行うと、 [ 設定 ] → [ 一般 ] で「一般設定」ページを開き、「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」を見ると、入力欄がグレーになっていて管理画面からURL編集ができなくなります。今後変更の予定がなければ、このままでもサイト運営には支障はありません。

URL設定 編集不可


JunJunWeb.Netの新着情報を受け取るには
SNSアカウントをフォローすると便利!
タグ :