options.php
options.php

いざという時便利!WordPressのすべての設定が可能なページ「options.php」

options.phpとは?

WordPressには options.php というページがあるのは、ご存知でしょうか?
WordPressのすべての設定が可能な隠しページです。このページを知っておくと、いざという時便利です。このページへのアクセス方法はあなたの管理しているWordPressサイトの管理画面にログイン後、/wp-admin/の後ろにoptions.phpを付けるだけです。そうすると、下の画像のような画面が表示されます。設定項目が多く、頭が痛くなるような感じがするかもしれませんが、ちょっと頭の片隅にでも置いておくと、いざという時役立つかもしれません。

options.phpの画面

options.phpの画面

options.php 設定項目一覧

※アルファベット順で掲載
※SERIALIZED DATAの部分は省略しています。

admin_email 管理者のメールアドレス設定
avatar_default アバターの初期設定
avatar_rating レイティングの最大値設定
blacklist_keys 設定した文字列がコメント本文や、名前、メールアドレスに含まれる場合、コメントをスパムとします。
blogdescription ブログの概要文
blogname ブログのタイトル
blog_charset ブログページやフィードの文字エンコード(UTF-8を推奨)
blog_public 検索エンジンの公開するかブロックするか。
1:公開 0:ブロック
category_base カテゴリーのパーマリンクにおけるデフォルトの文字列
close_comments_days_old 指定した日にちを過ぎると記事のコメントを閉じる
close_comments_for_old_posts 古い記事のコメントを自動で閉じるかの設定
1:自動停止 0:自動停止しない
comments_notify コメントがあった場合通知メールを送信するかの設定
1:送信する 0:送信しない
comments_per_page コメントを何件表示するかの設定
comment_max_links ここで指定した個数以上のリンクがある場合、承認待ちにする
comment_moderationv コメントを投稿する前に承認が必要かの設定
1:必要 0:不要
comment_order コメント並び順の設定
comment_registration コメントをするためにユーザー登録とログインが必要かどうか
1:必要 0:不要
comment_whitelist コメント作成者は過去にコメントを承認されている必要があるか
1:必要がある 0:必要ない
date_format 初期のデータフォーマット
default_categor 投稿した時、投稿が分類されるデフォルトのカテゴリ
default_comments_page コメントの並び順
default_comment_status コメントを許可するかどうか(各投稿の設定がある場合そちらを優先)
default_email_category メール経由で投稿された記事の初期カテゴリ
default_link_category リンクが置かれるデフォルトのカテゴリ
default_pingback_flag 記事からリンクされた任意のブログに通知するかどうか
1:通知する 0:通知しない 
default_ping_status 他のサイトからリンクの通知を許可するか
open:許可する closed:許可しない
default_role ブログに登録されてるユーザー権限のデフォルト
gmt_offset ブログ内での基準時間
hack_file 古い my-hacks.php ファイルサポートを使用するかどうか
1:使用する 0:使用しない
home ブログのURL
html_type ブログページのデフォルト MIME type
image_default_align 画像を挿入した場合デフォルトの配置
image_default_link_type 画像を挿入した場合デフォルトのリンク
image_default_size 画像を挿入した場合デフォルトの画像サイズ
‘thumbnail’, ‘medium’, ‘large’ またはカスタムサイズを指定
large_size_h 画像大サイズの高さ
large_size_w 画像大サイズの幅
mailserver_login メール経由でブログへの投稿する場合、使用されるメールサーバーのユーザー名
mailserver_pass メール経由でブログへの投稿する場合、使用されるメールサーバーのパスワード
mailserver_port メール経由でブログへの投稿する場合、使用されるメールサーバーのポート
mailserver_url  メール経由でブログへの投稿する場合、使用されるメールサーバー
medium_size_h 画像中サイズの高さ
medium_size_w 画像中サイズの幅
moderation_keys 指定した文字列がコメントの本文や名前、URL、メールアドレス、IPに含まれる場合、コメントは承認待ちになります。行ごとに 語またはアドレスを指定。文字列は単語の一部ともマッチします。
moderation_notify コメント等が承認待ちの時通知するかどうか
1:送信する 0:送信しない
page_comments コメントが多い場合分割するかどうか
1:分割する 0:分割しない
page_for_posts 投稿を表示するページのID
page_on_front フロントページに表示されるページのID 
permalink_structure パーマリンクの構造を設定
ping_sites ping送信先のURL設定
posts_per_page ブログの一覧ページで何個記事を表示するかの設定
posts_per_rss ブログのRSSで何個記事を表示するかの設定
require_name_email コメント入力時に、作成者の名前とメールアドレス入力必須にするかどうかの設定
1:必須 0:必須でない
rss_use_excerp RSSで全文表示か抜粋表示にするかの設定
1:抜粋表示 0:全文表示
show_avatars アバターを表示するかどうかの設定
1:表示する 0:表示しない
sidebars_widgets サイドバーの状態
siteurl サイトのURL
start_of_week 週の開始曜日の設定
0:日曜日
1:月曜日
2:火曜日
3:水曜日
4:木曜日
5:金曜日
6:土曜日
stylesheet 現在有効にしているスタイルシートのスラッグ
tag_base タグのパーマリンクにおけるデフォルトの文字列
template 現在有効化されているテーマのスラッグ
thread_comments ネイティブのネストされたコメントを有効化するかどうか
1:有効 0:無効
thread_comments_depth コメントのスレッドレベルの数を設定
thumbnail_crop サムネイルを指定したサイズで切り取るかの設定
1:切り取る 0:切り取らない
thumbnail_size_h 画像サムネイルサイズの高さ
thumbnail_size_w 画像サムネイルサイズの幅
timezone_string タイムゾーン 
time_format 日時のフォーマット設定
uploads_use_yearmonth_folders アップロードを年月のフォルダーに分けるかどうか
1:分ける 0:分けない
upload_path アップロードフォルダの設定
(WPルートディレクトリからの相対パス)
upload_url_path アップロードフォルダのURLパス設定
users_can_register 任意のユーザー登録を可能にするかどうか
1:登録可能 0:登録不可
use_balanceTags 誤ったネストの XHTML を自動修正するかどうか
1:修正する 0:修正しない
use_smilies 絵文字を自動変換するかどうか
1:変換する 0:変換しない
use_trackback トラックバックの送受信を有効にするかどうか
1:有効化する 0:有効化しない

まとめ

以上、たくさんの設定が可能です。プラグインなどを追加すると、まだまだ設定項目が増えます。
個人的にはimage_default_alignimage_default_link_typeimage_default_sizeは画像を挿入する時の初期設定を設定するもので、クライアント様に納品する時に、運用状況に合わせて設定しておくことがよくあります。

以上、WordPressの隠し設定ページ options.php の紹介でした。


JunJunWeb.Netの新着情報を受け取るには
SNSアカウントをフォローすると便利!
タグ :